自由にしかし楽しく!クラシック音楽

クラシック音楽の演奏会や関連本などの感想を書くブログです。「アニメ『クラシカロイド』のことを書くブログ(http://nyaon-c.hatenablog.com/)」の姉妹ブログです。

コメント・ご連絡はすべてツイッターにお願いします。ツイッターID:@faf40085924 ※アカウント変更しました。
※無断転載を禁じます。

蘭越パームホール ヴァイオリン・チェロ・ピアノによる調べ(2024/05) レポート

蘭越パームホールにて、ヴァイオリン・チェロ・ピアノによるコンサートが開催されました。昨年度(2023年度)、ホール20周年記念演奏会に出演されたメンバー3名が再集結!ありがとうございます!昨年の記念すべき出会いから、再会できる日を心待ちにしていました。私は今回もJRの一日フリーパスを使って日帰り旅行です。好天に恵まれたゴールデンウィークの中日、列車は観光客らしき人達でいっぱい!また会場には早い時間から多くのお客さん達が集まっていました。


蘭越パームホール ヴァイオリン・チェロ・ピアノによる調べ
2023年05月03日(金・祝)15:00~ 蘭越パームホール

【演奏】
島田 真千子(ヴァイオリン) ※セントラル愛知交響楽団ソロコンサートマスター
石川 祐支(チェロ)     ※札幌交響楽団首席チェロ奏者
石田 敏明(ピアノ)

【曲目】
J.S.バッハ無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番 ト短調  BWV1001
J.S.バッハ無伴奏チェロ組曲第2番 ニ短調  BWV1008

ベートーヴェン:6つのバガデル op.126 より
ベートーヴェン:バガデル イ短調エリーゼのために

ハイドンピアノ三重奏曲 ト長調 Hob.XV-25「ジプシー風」

(アンコール)
エルガー:愛のあいさつ ※ピアノトリオ版
ブラームスハンガリー舞曲第5番 ※ピアノトリオ版


蘭越パームホールにて、このメンバーと1年ぶりに再会でき、その音楽に浸る幸せ!昨年の公演にて「同じメンバーで今度はピアノトリオの演奏会をしたい」と仰っていた事を、早くも実現くださりありがとうございます!1年ぶりに触れた島田さんの音色も、札幌で親しんできた石川さんと石田さんの音色も、自然光がさす温かな木のホールにてゆったり味わえるのは格別でした。加えてピアノトリオでの密な掛け合いの素晴らしさ!お一人お一人が持つ唯一無二の音がただ同時に鳴っているのではない、そこに呼吸と勢いがあり、情熱や愛があふれ、音楽にたちまち生命が宿るのはまさにミラクル!ここにしかない生きた音楽との一期一会に、今回もドキドキワクワクさせられっぱなしでした。いつも予測不可能で、毎回スペシャルな体験となる!そんな演奏を聴かせてくださる音楽家の皆様との出会いに心から感謝いたします。

蘭越パームホール。この居心地の良い空間にて、時を忘れて素敵な響きに浸るのは、とても豊かでかけがえのない時間です。その幸せを改めて実感した私は、多くは望まないので、ひとえにこの幸せがいつまでも続いてほしいと願います。オーナー・金子さんが仰った「ゆっくり、がいい」に、私は心底共感いたします。都会やネット上の喧噪から離れ、タイパやコスパといったものとは無縁の場所があるのは救いです。もちろん地元・蘭越の皆様にとっても大切な場所なのだと、札幌からお邪魔した私から見てそう感じます。超ご多忙な音楽家の皆様が、都会から遠く離れた蘭越に集まり演奏会に出演くださるのは、きっとパームホールと蘭越町に「戻って来たい」と思わせる魅力があるからですよね!そしてやはり大切なのは「ご縁」。これも昨今の情勢ではおろそかにされている感じではありますが、世の中は人と人との「ご縁」があってこそ成り立っているのだと、私はつくづくそう思いました。様々な「ご縁」を大切にして、地道にホールを守り育ててくださっている金子さんをはじめ、パームホールを愛する地元蘭越町の皆様、なにより「ご縁」で繋がり素敵な演奏を届けてくださる音楽家の皆様。蘭越パームホールを形作るすべての皆様にお礼申し上げます。この温かな場所に私はこれからもお邪魔したいと思っています。


開演前にパームホールのオーナーの金子さんからごあいさつとお話がありました。今回の「ご縁」は昨年に続いて2度目。既に出演者の皆様が来年も蘭越パームホールにぜひ来たい(!)と申し出てくださっていて、毎年恒例になるかも、と仰っていました(ありがとうございます!来年以降ももちろん聴きにうかがいます!)。パームホールでのコンサートは色々な人とのご縁で企画が入るとのことで、今まで金子さんご自身から出演オファーをしたことはない(!)そうです。また地元の人達にも支えられ、演奏会を取り仕切ることのみならず、地元農家の食材等の差し入れがたくさんあるとのこと。「そんな蘭越の良さも伝えたい」そうです。そして、金子さんは「ゆっくり、がいい」とお考えだそうで、その思いを共有するパームホールに集まるお客さん達とは気が合う、とも。最後に、予定されていた演目が変更になった事へのお詫びがありました(当初は「深淵なるバッハとブラームスの世界 vol.2」として、後半にブラームスのピアノトリオ第1番を予定)。「バッハ!ブラームス!では重い(!)ので、新緑のこの季節に気持ち晴れやかにお帰り頂ければ」と金子さん。会場に温かな笑いが起き、トーク終了となりました。

はじめは、島田さん独奏によるJ.S.バッハ無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番ト短調  BWV1001」アダージョ 最初のインパクトある重音に、私は約1年ぶりの「島田さんの音」との再会にうれしくなりました。途切れることのない1つの連なりの中で、重音の厳しさとゆったり流れるメロディの優美さが両立。何度も登場したトリルは丁寧で、音の揺らぎが心地よかったです。音をのばして消え入るラストが繊細で素敵!フーガ 「ひとり追いかけっこ」の職人技!厳格でも演奏自体に堅苦しさはなく、個人的には歌のように感じられました。終盤の多くの音の連なりは、まるでクラシックギターを情熱的にかき鳴らしているようでカッコイイ!ピッチカートは一切使わず、弦を擦る演奏のみで表現されているのが驚きです。こちらもラストはフェードアウトして、余韻を残したのが印象的でした。シチリアーナ ステップを踏むような舞曲のリズムが心地よく、柔らかく幸せな響きが素敵!こちらも歌っているように私は感じました。プレスト 息つく間もなく超高速での演奏がクールでアツイ!美音と技巧の素晴らしさに圧倒され、貫禄ある演奏にホレボレしました。なお島田さんによると(終演後、お見送りの時間に少しお話しできました)、昨年と同じ演目でも更に勉強(と仰っていました)を重ね、演奏に磨きをかけてこられたとのこと。もちろん昨年の演奏も素敵でしたが、更に磨きがかかった今回の演奏はとても新鮮に感じられ、私は初めて出会った曲のように夢中になって聴けました。ありがとうございます!

続いて、石川さん独奏によるJ.S.バッハ無伴奏チェロ組曲第2番 ニ短調 BWV1008」前奏曲 最初の1音が床の振動と一緒に来て、私は思わず身震い。そうこの感じ!この体感を得るためなら私はどこにでも行きます!よどみない音の連なりが素晴らしく、きっちりした流れの中で時折ふっと音をのばすところがあって、柔らかな表情が垣間見えるのが素敵でした。節目に入った重音の重量感!ラストの音が自然に消え入る、その余韻も素敵!アルマンド 滑らかな流れの舞曲は少し前のめりな印象で、根底に熱い血が流れているように私は思いました。時折入るトリルが胸焦がす感じで素敵!低音をのばしたラストの余韻がまた素敵!クーラント 高速で駆け抜ける演奏、超カッコイイ!この勢いに身も心も委ねるのは快感!しかし真面目な音楽なのに艶っぽいのは何故でしょう?サラバンド 今度はゆったりとした流れに。穏やかで祈りを思わせる響きと、チェロの胴が鳴る重厚な響きと、そのどちらもぐっと来る良さでした。メヌエット 1つ目の厳しい感じと、2つ目の優しい感じが好対照で、タッタッタ♪とステップを踏むようなところが印象的でした。ジーグ 軽やかに始まり、どんどん音の厚みと勢いを増していく演奏に驚愕!メロディに合いの手のような音が重なるのが情熱的でカッコイイ!まるでクラシックギターのよう(ピッチカートは一切なし!)とも感じました。締めくくりの、自信に満ちた音の貫禄がすごい!石川さんのチェロで、バッハの無伴奏チェロ組曲を通しで聴けるなんて、超うれしい!そして、やはり贅沢!札幌でも滅多にない事ですから、感激はひとしおです。昨年1番、今年2番を聴かせて頂いたので、来年以降に3番から6番もぜひお願いいたします!

15分間の休憩時間には、別棟でお菓子と飲み物のサービスがありました。手作りトマトジュースがとても美味しかったです。ごちそうさまでした!

後半。はじめはピアノソロです。ベートーヴェン「6つのバガデル op.126」より、4曲を抜粋しての演奏。石田さんは舞台へ登場してすぐに1曲目を演奏、演目の解説を挟んで後の3曲を演奏してくださいました。その解説の内容をここでは先に記します。「バガデル」とは、日本語に訳すと「取るに足りない(!)」といった意味だそうです。56歳で亡くなるベートーヴェンは、50代に大曲をたくさん書いているとのこと。大曲を書いている合間に、ふと思いついた事や見聞きしたことを活かしたこんな「バガデル」も書いている、と紹介がありました。ベートーヴェンが生きた時代はピアノがどんどん発展しており、ベートーヴェンは新たなピアノに出会う度に様々な挑戦をしていたそうです。その1つとしてこの作品では「ペダル踏みっぱなし」の演奏をするところがある、と実演付きで解説してくださいました。各曲の簡単な紹介もあり、第6曲は「街を散歩していたら人々がダンスしている所に出会った」というイメージと、この頃の社会情勢(市民階層が主権を握りつつある)も合わせてお話しくださいました。第1曲 穏やかで可愛らしいメロディを優しく歌うピアノ。私は心安らぎ、ベートーヴェンの意外な一面を見た気持ちに。しかし、次第に低音の重厚さも出てきて、そこはベートーヴェン「らしい」と感じました。第3曲 ゆったり優しいメロディにタンタンタン♪のリズムが心地よく、このリズムが胸の高まりのように大きくなったりキラキラしたりと変化するのが素敵でした。第5曲 「第1曲と性格が似ている」と解説で紹介されたこちらは、高音のメロディを低音がリフレインする形のところが多く、ペダルの効果(?)で、音が消えないうちに次が重なっているようでした。まるで水彩画の重ねた色がにじむように、色合いが変化していくのが興味深かったです。第6曲 思いっきり力強く華やかに始まり、今まで穏やかな曲が続いていたので私はちょっとびっくり!ダンスのところでは、お互い様子をうかがっているような慎重さと楽しくステップ踏むところが交互に登場。楽しいステップでは軽やかな高音と寄り添う低音が親密な感じで、ほっこりしました。最後は再びはじめの華やかさが登場し、パワフルに爽快に締めくくり。ベートーヴェンが肩肘張らずに書いた作品を、聴き手もリラックスして楽しめました。演奏後、石田さんは「ベートーヴェンは作曲当時53歳。その年齢に(石田さんご自身が)近づいている事を意識して演奏しました」と仰っていました。

続いて、ベートーヴェンのバガデル イ短調エリーゼのために。演奏前に解説がありました。はじめに、大変有名なこの作品も「バガデル」ですと紹介。こちらはベートーヴェンが40代で書いた作品で、他のバガデルと一緒に出版したかったようですが実現されず、作曲家の死後に発見されたのだそう。また「エリーゼ」とは誰か?について、諸説ある中から2つほど紹介くださいました。ちなみに先ほどの「6つのバガデル op.126」にあった「ペダル踏みっぱなし」は、「エリーゼのために」には無いそう。なお、この日の後半のプログラムは作曲された年代がどんどん遡っていく並びにしたとのことです。演奏は、はじめの有名なメロディは繊細で、追いかける低音にはさりげない優しさが感じられ、これは「エリーゼ」への愛!と私は確信しました。中盤の盛り上がるところは美しくかつ情熱的!石田さんのピアノによる名曲中の名曲、しみじみ素敵でした。

出演者の3名が揃い、プログラム最後の演目は、ハイドンピアノ三重奏曲 ト長調 Hob.XV-25『ジプシー風』」。演奏前に石田さんからお話がありました。宮廷音楽家だったハイドンは数多くの作品を残していると紹介。ベートーヴェンの師匠で、ベートーヴェンピアノソナタ第1番はハイドンに献呈されているそうです。また今回取り上げるピアノトリオについては、各章の簡単な解説があり、第3楽章のメロディから「ジプシー風」と呼ばれるとのこと。「どの辺が『ジプシー風』なのかはお聴きいただければわかると思います」と仰って、いよいよ演奏開始です。第1楽章 はじめのヴァイオリンがなんて素敵なこと!華やかかつ幸せあふれる感じ、まるで鳥がさえずっているよう!私は瞬時に恋に落ちました。温かく幸せな響きで包み込むチェロは愛!メインで歌うヴァイオリンに寄り添い支えながら、とても生き生きとしたベースを作っていたと感じました。またフレーズ最後に残る低音は、控えめなのにぐっと来る良さ!コロコロと歌うようなピアノの多幸感とリズムが心地良かったです。変奏が続くこの楽章では、例えばタッタタッタッタッタ♪とスキップする楽しいリズムだったり、やや哀しげになったり、様々な表情が次々と。流麗な音楽の波に身を任せながら、色々な変化を楽しめました。第2楽章 ゆったりとした流れで、優しいピアノに乗って歌う2つの弦の柔和で美しい音色がなんとも心地よく、心安らぎ癒やされました。第3楽章 はじめの軽やかなピアノは、心躍る感じでワクワク。滑らかな抑揚をつけたチェロの優美な音色が良すぎます!ヴァイオリンが華やかに舞曲のメロディを奏でるところでは、合間合間に少しトーンを抑えるところがあって、そのメリハリが楽しい!ごく小さな音での掛け合いの親密さにぐっと引き込まれました。ほの暗い舞曲のメロディを3人で力強く奏でる、この勢いと熱量!情熱的に駆け抜けたラストまで、生き生きとした演奏に気持ちが晴れやかになりました。島田さん・石川さん・石田さんによる生きた音楽の呼吸と鼓動、その熱を同じ空間で体感できて幸せです!

カーテンコール。出演者の皆様から順番にごあいさつがありました。昨年度の公演(2023年度)は、島田さんと石川さんがソリストとして出演される「ある本番」の前に、ピアノがオーケストラパートを弾く演奏会。島田さんは「今回同じメンバーで『室内楽』のコンサートを実現できてうれしい」、石川さんは「今年は好天に恵まれ(昨年の公演は雨模様)、気持ちよく演奏しています」といった事を仰っていました。加えて、石川さんは「別のメンバーとのピアノトリオ演奏会を8月に蘭越パームホールで行います(!)」と突然の衝撃予告。会場が色めき立ちました。すごい!「ご縁」が繋がって新たな企画が続きますね!そしてアンコール1曲目の演奏へ。おなじみエルガー「愛のあいさつ」。ゆったりと優しいピアノに乗って、メロディをはじめにヴァイオリンが奏で、そこにチェロがそっと重なった後メロディを奏でました。なんと優しく柔らかで愛あふれる弦の音色!甘く美しい音色にうっとりしました。ヴァイオリンとチェロが寄り添い歌うのは、思い合う男女の語らいを思わせる心地良さ。叶うことならずっと浸っていたい!

アンコール2曲目は、「来年には(当初予定していた)ブラームスのピアノトリオ第1番をやるので、予告編として(!)」、ブラームスハンガリー舞曲第5番」。今回のハイドン「ジプシー風」ともつながる、粋な選曲ですね!先ほどの「愛のあいさつ」からガラリと変わって、低めの艶っぽい音色で全員がガンガン来る勢いと熱量がすごい!血が騒ぐ舞曲に聴き手のテンションも一気に上がりました。中盤のBメロでは、弦2つの強弱の波、ピアノとの掛け合いと、メリハリくっきりで楽しい!チャンチャンチャン♪の情熱MAXの締めくくりまで、超カッコ良かったです!会場はプラボー&拍手喝采。来年度の公演が今から待ち遠しいです!

最後にオーナーの金子さんのごあいさつ。「とても満足、でもこの場を去りがたい」……そうですよね、私も同じです!「こんな感じで続けていけたらと思います。これからもお付き合い頂けたら」といった趣旨のことを仰って、会場に大きな拍手が起きました。特別な時間が流れる「蘭越パームホール」、この素晴らしい場所を生み素敵な時間を提供し続けてくださり、本当にありがとうございます!良い形でいつまでも続いていきますように。


昨年度(2023年度)の公演です。「蘭越パームホール20周年 深淵なるバッハとブラームスの世界」(2023/04/30)。温かみのある木のホールにて、最小単位から広がる深く壮大な世界!ピアノトリオによるブラームス二重協奏曲は、大ホールに引けを取らない堂々たる響きで、想像を超えたスケールの大きさでした。

nyaon-c-faf.hatenadiary.com

 

島田さんと石川さんがソリストとして出演された公演。私は名古屋まで聴きにうかがいました。「セントラル愛知交響楽団 第196回定期演奏会~春・声~」(2023/05/13)。ディーリアスの美しさに誘われた、愛あふれる春のブラームス。魅力的な独奏とオケによる二重協奏曲に打ちのめされる快感!ブラ1の「苦悩から歓喜へ」の素晴らしさ!しらかわホール定期のラストイヤー初回公演に居合わせて幸せでした。

nyaon-c-faf.hatenadiary.com

 

ピアノの石田敏明さんが出演された演奏会です。「第21回 楽興の時 青木晃一×石田敏明 ~ロベルトとクララ、そしてヨハネスの愛~」(2024/03/24)。ブラームスソナタはレクチャー付き!演奏もトークも盛りだくさんの愛あふれる演奏会で、シューマン家の居間で音楽とお話を楽しんでいるような、幸せなひとときを過ごすことができました。

nyaon-c-faf.hatenadiary.com

 

最後までおつきあい頂きありがとうございました。

札幌交響楽団 hitaruシリーズ定期演奏会 第17回~童話と絵と音楽と(2024/04) レポート

www.sso.or.jp
2024-2025シーズン・札響hitaru定期の初回は、札響友情指揮者・広上淳一さんによる「童話と絵と音楽と」。hitaru定期恒例の「日本人作曲家の作品」には、広上さんの恩師である尾高惇忠さんの「音の旅」が取り上げられました。また協奏曲のソリストには広上さんと親交があるボリス・ベルキンさんをお招きし、後半はラヴェル編曲版の「展覧会の絵」。マエストロ広上ならではの色彩豊かなプログラムに、平日夜のhitaruには多くのお客さん達が集まっていました。


札幌交響楽団 hitaruシリーズ定期演奏会 第17回~童話と絵と音楽と
2024年04月25日(木)19:00~ 札幌文化芸術劇場 hitaru

【指揮】
広上 淳一(札響友情指揮者)

【独奏】
ボリス・ベルキン(ヴァイオリン)

管弦楽
札幌交響楽団コンサートマスター:田島 高宏)

【曲目】
尾高 惇忠:音の旅-オーケストラのための
 [1. 小さなコラール / 2. 森の動物たち / 3. おもいで / 4. 優雅なワルツ / 5. シチリアのお姫さま / 6. エレジー / 7. 前奏曲 / 8. 雪国の教会 / 9. なめとこ山の熊 / 10. 注文の多い料理店 / 11. 種山ヶ原 / 12. どんぐりと山猫 / 13. 古い旋法によるフガート / 14. バレリーナ / 15. フィナーレ~青い鳥の住む国へ~]

ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番

ムソルグスキーラヴェル編):組曲展覧会の絵
 [プロムナード / 1. 小人(グノームまたはノーム) / プロムナード / 2. 古城 / プロムナード / 3. テュイルリーの庭、遊んだ後の子どもたちの喧嘩 / 4. ビドロ(ブィドウォ) / プロムナード / 5. 卵の殻をつけたひなの踊り(卵の殻をつけたひよこのバレエ) / 6. ザミュエル・ゴールデンベルグとシュムイレ / 7. リモージュの市場 / 8. カタコンブ / 死者たちとともに、死せる言葉で / 9. バーバ・ヤガーの小屋 / 10. キーウ(キエフ)の大門]


すごい協奏曲を聴いてしまいました……!大巨匠のボリス・ベルキンさんが奏でる音楽は、なんて鮮烈!かつ幾重にも重なる層の厚み!いえ、こんなありきたりな言葉では到底語れないほど、目が覚めるインパクトがありました。またそれに応える札響がすごかったです!ベルキンさんの独奏に良い刺激を受けて、もっと行けるまだ行けると、天井知らずなお力を発揮していたと私は感じました。一生かけても聴ききれないほど数多のソリストがいる中で、友情指揮者・広上淳一さんのご縁でボリス・ベルキンさんに出会えたこと。さらに地元・札響との唯一無二の競演を目の当たりに出来たこと。なんて巡り合わせ!この場に居合わせた私達は幸せです!このご縁に感謝します。

また尾高惇忠「音の旅-オーケストラのための」も、マエストロ広上のご縁で出会えたもの。なかなか聴く機会のない作品を、地元オケの演奏で楽しめたのはとてもラッキーでした。ピアノ連弾もきっと素敵だと想像しますが、多彩な楽器によるカラフルな響きはオーケストラならでは!また部分的にテーマになっていた宮沢賢治の童話や詩は、深追いすると恐ろしい(と私は思っています)のですが、その怖い部分も奥行きのある表現で聴かせてくださいました。そして私は通しでは初めて聴いた「展覧会の絵」も、オーケストラだからこその響きをたっぷり堪能。華やかなところや賑やかなところの良さはもちろんのこと、個人的には「悲しみ」が根底にあると感じられ、その表現に惹かれました。もっとも私は5日前に聴いたチャイ4でもシリアスな面に心動かされたので、もしかすると今の自分がそんな状態なのかもしれないのですが。しかし作品の深い部分での魅力を感じられ、個人的に今まであまり聴いてこなかった作品を今後も聴いていきたいと思えたのは大収穫でした。こんなにも充実の公演、平日夜のたった1回だけの開催なのが惜しい!hitaru定期はとても贅沢な企画だと、私は改めてそう思います。

おまけ。こんな失敗をする人は滅多にいないと思うので、参考程度に。私は今回もhitaru定期の席選びを間違えてしまいました(涙)。「客席後方だと前の人に視界が遮られがちだから、できるだけ前=列の数字が若い方で」くらいで、あまり考えずに取った席が、なんと最前列(所謂かぶりつき席)!そんなつもりじゃなかったのに……。良かった事といえば、弦のf字孔から漏れ出る空気の音までわかる至近距離で、ソリストの音を直接聴けてその技を凝視できたこと。マエストロ広上のノリノリなダンスがバッチリ見えたこと。それくらいです。舞台が目の前だとオケの音はダイレクトすぎてつらい……せっかくならもう少し後方席にてホールに響くまろやかな音を味わいたいなと思いました。またhitaruの舞台は高さがあるので(kitaraよりもずっと高いと私は感じました)、見上げなければならず首が痛い(!)。視界の面でも、オケメンバーは弦の最前列しか見えず、舞台の後ろの方はほぼ見えないという。ああ既にチケット取ってある8月hitaru定期も最前列K席(かぶりつき席)だわ(しくしく)。皆様お気を付けて、hitaru定期の「1階7列」は最前列ですよ!


本年度(2024年度)より、hitaru定期では開演15分前から「プレトーク」が行われることになりました。今回は、作曲家の八木幸三さんが指揮の広上淳一さんにインタビューするスタイルで進行。あごひげを蓄えた広上さんは赤いポロシャツ姿(もちろん本番では正装でしたよ)で、八木さんが「サンタクロースみたいですね」と仰って、会場が和みました。はじめに、広上さんの恩師である尾高惇忠さんについて。広上さんは「今ここに立っているのは、(尾高惇忠)先生のおかげ」と仰っていました。3年前に尾高惇忠さんが亡くなった直後の札響定期(金曜夜公演は2021/3/5、ちなみに私も聴いています)ではチェロ協奏曲が取り上げられたことに触れ、「素晴らしいチェロでした」と八木さん。今回の「音の旅」は元々はピアノ連弾曲で、それをCDで聴いた広上さんが「オーケストレーションしたら素敵」と尾高惇忠さんに進言。その後、尾高さんは内緒で管弦楽版への編曲を進めていらしたのだそうです。全曲演奏(15曲)は、「アンサンブル金沢に次いで2度目、フルオーケストラでは初(!)」。童話や宮沢賢治の詩を元に書かれた曲で、かわいい曲や聴きやすい曲が並ぶ、とのこと。八木さんは「日本の原風景を思い出す」と評していました。続いて、協奏曲のソリストとしてお招きしたボリス・ベルキンさんについて。大巨匠であるベルキンさんは「若く見えるけど今76歳(!)」。ベルキンさんは札幌がとてもお好きだそうで、今回はお得意のブルッフを演奏します、と紹介。ベルキンさんとは、広上さんがヨーロッパで生活を始めた頃からのお付き合いで、「大恩人」なのだそうです。「(今回)少しは恩返しできるかな」と広上さん。そして「展覧会の絵」について。「アル中(!)」のイメージがある、ロシアの作曲家・ムソルグスキーは「すごい才能」。ピアノ連弾曲を「ラヴェルが上手に編曲」したとのこと。管弦楽版への編曲は色々な作曲家が行っていて、今回取り上げるラヴェル版については「色彩豊か」であり、「(今日も)そんな演奏になる」。札響は「素晴らしいオケ」と、広上さんは太鼓判をおしてくださいました。八木さんの「どうぞお楽しみください」のシメ言葉に、会場は大きな拍手。和やかな雰囲気でトーク終了となりました。


前半1曲目は、尾高惇忠「音の旅-オーケストラのための」。今回が札響初演。オケの編成は14型でしょうか?木管は基本の2管編成に、持ち替えでピッコロ及びコントラファゴット金管はホルン4、トランペット2、トロンボーン3、チューバ。ティンパニに加えて多彩な打楽器と、ハープ、チェレスタ、ピアノ。はじめは弦メインでゆったりと。美しいヴァイオリンとぐっと支える低弦の組み合わせは安定感あり、安心して聴けました。続いて、ズチャズチャ♪の軽快なリズムが楽しい、賑やかな音楽に。後からプログラムで小タイトルを確かめると、なるほど「森の動物たち」がワイワイ登場したのですね!色とりどりの音の風景を楽しめる15つの小品が続く作品で、聴き手は絵本をめくるようにワクワクしながらその世界へショートトリップ。私はその時はとても楽しく聴いていました。しかし、聴きながら小品を指折り数えるも早い段階で順番があやふやになり、さらにはすぐ後に聴いた協奏曲の衝撃で1曲目の記憶がほとんど飛んでしまいました(協奏曲に気持ちを持って行かれて、休憩時間に1曲目の感想メモを書く余裕もなく……ごめんなさい!)。つきましては以下レポートは、曖昧な記憶を頼りに、ふわっとした書き方になります。間違いや勘違い、前後関係がおかしい等はお許しください。弦中心の、優美で広がりを感じる音楽が続いてから、柔らかな木管と高貴な感じのハープが登場。「シチリアのお姫さま」でしょうか?ハッとする美しさでした!そこからはしばらく管中心の哀しげな音楽に。舞曲のような小品のラストでソロを演奏したトロンボーンが素敵!低弦がずっとピッチカートでリズムを刻み高音弦の音がゆらぐところは、何やら得体の知れなさを感じゾクッとしました。ヴィオラパートが歌った、日本の「本当は怖い」子守歌のようなところも印象的でした。またカンカンカン♪と鳴る打楽器がインパクトあるところに私は「祭り囃子」を連想。華やかな金管群から入ったところもまた「陽」のイメージでした。その一方、「陰」にあたる、ぐっと内向きな感じのフルートソロが異彩を放っていました。深い森を思わせる低弦に乗って、どこかへ引き込まれていくようなフルートの底知れぬ怖ろしさ。もしかすると「注文の多い料理店」だったのでしょうか?ここのフルートは強く印象に残っています。終盤は明るい音楽に。希望に満ちた、勇ましく華やかな盛り上がりは気分爽快!次々と情景が変化していく約30分の「音の旅」、楽しかったです!演奏後、指揮の広上さんはフルートトップ(と思います。私の席からはよく見えず……)に起立を促し、讃えました。

ソリストにボリス・ベルキンさんをお迎えして、2曲目はブルッフ「ヴァイオリン協奏曲第1番」。オケの編成は10型(?正確にはわかりません)と、前の曲よりコンパクトに。木管は基本の2管編成で、金管はホルン4、トランペット2。そしてティンパニ。すべての楽章を続けての演奏でした。第1楽章 ティンパニ木管群によるオケの仄暗い序奏にゾクッとしました。続いて登場した独奏ヴァイオリンは、最初の低い音から音階駆け上る演奏が鮮烈!重々しいわけでも力んでいるわけでもなく、むしろ一見軽やか。それでも聴き手が瞬時に心奪われてしまう音は、うまく言えないのですが「寡黙な人が様々な感情を内包した上でやっと発した言葉の重み」があるように個人的には感じました。オケの弦のピッチカートとトリルのリズムは心臓の鼓動のようでゾクゾク。そのオケに乗って独奏ヴァイオリンが滑らかに奏でる音楽は、「悲劇的」と一言では括れない層の厚みが感じられ、引き込まれずにはいられない!幾度となく繰り返される重音は都度表情が変化していて素敵!また独奏ヴァイオリンが駆け抜けて、オケのターンへ移る流れがすごかったです。まったく隙なし!そしてこの独奏の勢いに応えるような、鬼気迫るオケの凄み!特に弦の気迫は半端なく、その時の私は怖くさえ感じました。温かな木管と一緒に歌う独奏ヴァイオリンの美しさ!幸せな感じでもどこか哀しくて、胸に来ました。支える低弦と遠くに聞こえるホルンが素敵!はじめの深刻さ再び。しかし今度は独奏もオケも厳しさの中に少し希望の光が見えるように変化したと感じました。第2楽章 穏やかなオケに乗って、ゆったり歌う独奏ヴァイオリンの柔らかさ優しさ!低音の温かさに癒やされ、ごく小さな音で囁くようなところの繊細さも超高音の多幸感も涙が出るほど美しく、聴き入りました。ソリスト小休止の時のオケ、特にヴァイオリンがまた美しくて!ソリストは掛け値なしに素晴らしいです。そしてソリストと対等に渡り合う私達の札響だってすごい!第3楽章 舞曲のメロディを軽やかに歌う独奏ヴァイオリンが鮮烈!華やかで少し哀しいメロディが心に染み入りました。メロディを引き継いだオケの盛り上がりが壮観!コンパクトな編成とは信じられないほど、どこまでも広がる世界が素晴らしい!独奏が高速で流麗に歌うところが鮮やかで、私は耳と目が釘付けになりました。独奏による舞曲のメロディは、登場する度に最初の1音がより深く力のこもった音に変化(と私は感じました)。また切れ目無い独奏は、時折少しゆっくりになったり囁くようになったりと細やかに変化していました。そこにオケがぴたっと寄り添い、音の大きさも速度も都度変化させていたのはさすがです。深刻に始まった音楽は力強く明るく締めくくり。最初から最後まで心奪われていた私は、演奏が終わってからも魂が抜けたようにしばし呆然としてしまったほどでした。ソリストが持つ唯一無二の音、そしてソリストから良い影響を受けたオケからあふれる渾身の響き。ここでしか聴けない唯一無二の幸せな競演に出会えて幸せです!ありがとうございます!


後半は、ムソルグスキーラヴェル編)の組曲展覧会の絵。オケの編成は、弦は1曲目と同じくらい(14型でしょうか?)。木管金管は増員かつ楽器の種類が増え、多彩な打楽器とハープ2、チェレスタが加わった大編成でした。はじめのトランペットソロが輝かしい!続くオケが壮大!展覧会に訪れた一人の人物が、扉を開きどこまでも広がる空間(展覧会の会場!)に足を踏み入れた。そんな情景を思い浮かべました。この「プロムナード」は以降も場面転換で数回登場し、ホルンが先陣を切ったり低音が効いていたりとシーン毎に色合いが変化。その度に新鮮な気持ちで聴けました。「グノーム」の最初の重低音がド迫力!ジャンジャン♪の切れ味!パパパパパ……と、けたたましい音が入ったり、弦の音が揺らいだりと、一筋縄ではいかない感じはまるで異世界に迷い込んだよう。また、ここでの弦の音の揺らぎに、私は前半「音の旅」での得体の知れない感じを思い出しました。「古城」での、寂しげなオケの中でソロを演奏したアルト・サクソフォーンが素敵!通常のオケにはないサックスが、声高な主張はしないにもかかわらず孤高な感じで存在感抜群でした。「テュイルリーの庭」は軽快な音楽が楽しく、マエストロも控え目に肩を揺らしてノリノリ♪「ビドロ」では、重々しい低音をベースに、ソロを演奏したチューバのもの悲しさが印象深く、盛り上がってからの底知れぬエネルギーに圧倒されました。その中でも私が特に衝撃を受けたのはスネアドラムです。雨霰のようでも号泣のようでもあり、悲しみや負の感情の深さを表しているよう!ここをピアノ連弾ではどのように表現しているのかにも私は興味が沸きました。続いた「プロムナード」は今までとは雰囲気が異なり、フルートの哀しげな響きがとても印象に残っています。「卵の殻をつけたひなの踊り」は、可愛らしい感じで跳ねるリズムが楽しい。マエストロもノリノリ♪ホイッスルのように、時折木管によるピー♪が入るのが面白かったです。「ザミュエル・ゴールデンベルグとシュムイレ」での、重厚な弦とパパパパパ……と鳴るトランペットの「水と油」のような対比がすごい!ワイワイ生き生きとした「リモージュの市場」から、重厚な低音金管群がガツンと来た「カタコンブ」に、雰囲気がガラリと変化したのには驚かされました。「死者たちとともに、死せる言葉で」は、低音の管と弦による重い鎮魂歌の良さはもちろん、個人的に刺さったのはヴァイオリンとヴィオラがごく小さな音でざわめいていたこと。細雪のようでも静かに涙するようでもあって心に染み入りました。ここもやはりピアノ連弾ではどうなっているのかが気になります!弦の序奏から入った「バーバ・ヤガーの小屋」は賑やか!ベースが先ほど聴いたばかりの「ひなの踊り」に似ているかも?と率直に感じました。弦がぐーっと盛り上げて、そのまま「キーウ(キエフ)の大門」へ。壮大で力強い管弦楽が清々しい!それでも時折寂しげな木管の歌が登場したのが印象的でした。再びじっくりと盛り上がっていく流れでの鐘の存在感!フィナーレはまさに管弦楽の真骨頂で、この響きを体感できるのは最高に気持ち良かったです!私達の札響、やっぱりすごい!今回もありがとうございます&これからも末永くお世話になります!


この日の5日前に聴いた公演です。「札幌交響楽団 第660回定期演奏会」(土曜夕公演は2024/04/20)。シーズン開幕は、正指揮者・川瀬賢太郎さんによる「2つの交響曲」。「お初」のアイヴス2番は何でもアリな面白さ!定番チャイ4は胸がすく快演に気分があがり、加えて新たな気付きも。それぞれの楽しみ方で思いっきり楽しめました!

nyaon-c-faf.hatenadiary.com

 

先月(2024年3月)には、広上淳一さん指揮による札響の地方公演を聴きました。「札幌交響楽団 苫小牧公演2024」(2024/03/23)。オケは我らが札響、ソリストコンマス&首席の最強デュオによる、密で壮大で愛と情熱あふれるブラームスの二重協奏曲!想像をはるかに超える最高の出会いでした。また後半チャイ5は素直に聴けて胸打たれ、気分爽快になれました。

nyaon-c-faf.hatenadiary.com

 

最後までおつきあい頂きありがとうございました。

札幌交響楽団 第660回定期演奏会(土曜夕公演)(2024/04) レポート

www.sso.or.jp


2024-2025シーズンの札響定期は、正指揮者・川瀬賢太郎さんによる「2つの交響曲」で開幕です!今年(2024年)生誕150年のアメリカの作曲家・アイヴズが20代の若さで書いた交響曲第2番と、チャイコフスキー交響曲第4番。私はカワケンさんのチャイ4をとても楽しみに、作曲家の名前から初耳だったアイヴズにも期待して、この日を迎えました。

札響公式youtubeの新企画「札響プレイヤーズトーク」。初回となる今回(2024年4月)は、ヴィオラ奏者の櫨本朱音さんと原香奈恵さんが出演され、ヴィオラ愛あふれるトークを展開しています。すごく面白かったです!若いって素晴らしい!

www.sso.or.jp


札幌交響楽団 第660回定期演奏会(土曜夕公演)
2024年04月20日(土)17:00~ 札幌コンサートホールKitara 大ホール

【指揮】
川瀬 賢太郎<正指揮者>

管弦楽
札幌交響楽団コンサートマスター:会田 莉凡)

【曲目】
(ロビーコンサート)J.ハイドン:3本のチェロのためのディヴェルティメント ニ長調
(出演:石川祐支、横山 桂、荒木 均)

アイヴズ:交響曲第2番 ~生誕150年記念~
チャイコフスキー交響曲第4番


信頼の川瀬賢太郎さん×札響による「お初」と「定番」の2種類の交響曲を、それぞれの楽しみ方で思いっきり楽しめました!前半のアイヴス2番については、結局予習なしで丸腰のまま当日を迎えた私。いざ実演に触れると、重厚だったりド派手だったり親しみやすい民謡が登場したりと、様々な要素が次々と来てとても面白かったです!次に何が来るかわからないまま演奏を聴くのは、例えがあれですが、闇鍋をドキドキしながら頂いているような。それも「おっかなびっくり」ではなく、「ワクワク」!「カワケンさんと札響についていけば大丈夫、何でもどんと来い!」という姿勢で聴けたのは自分でもうれしかったです。何と言っても川瀬さん×札響は、個人的に正直「無理!」と思っていたベルリオーズ幻想交響曲」にドハマリさせてくれたので(2022/04/14、こちらも新年度初回の定期でした)、私はとても信頼しています。今回も新たな扉を開いてくださりありがとうございます!また、後半チャイ4では天井知らずなド迫力に圧倒され、胸がすく快演に気分があがりました!加えて、陰と陽のコントラストや奥行き、シリアスな面の良さも知れたのがうれしかったです。定番曲とはいえ、チャイ4を実演で聴いたのは今回が2回目だった私。今後再び聴ける機会(何度もあるはず!)には、また別の気付きがあるかも!そう思うとワクワクします!

そして、Kitaraで聴く大迫力の札響サウンド、めっちゃ最高!金管打楽器は、遠慮無く大音量で鳴らして半端なく男前かつとても美しい響き!男性的な力強さと好対比の、木管群のまるい音色は艶っぽくなんとも魅力的!大人数で来る弦は、澄んだ音色の美がさらに強化され、大きなうねりを作る底力が半端ない!この大所帯だからこそ出せる分厚い音が、Kitaraにキレイに響く。それを全身全霊で体感できるのは幸せです。どちらかと言うと小編成・小ホールを好む私ですが、Kitaraで聴く大迫力の札響サウンドは別腹!この響きを体感するために、Kitaraでの札響の演奏会に今後もずっと通い続けたいです。定番料理でも闇鍋でも、何でもどんと来い!これからもお世話になります!


開演前のロビーコンサート。今回の演目はJ.ハイドン「3本のチェロのためのディヴェルティメント ニ長調で、4楽章構成の曲をぎゅっと10分程度に圧縮したものでした。演奏は、チェロの石川祐支さん、横山桂さん、荒木均さん。はじめはゆったりと。穏やかに呼応し合うところの品の良さ!メロディの優雅さに、支える2つのチェロの温かな鼓動が心地良い!続いて快活に。明るくスピード感あり、聴いている方はウキウキした気持ちに。しかし演奏する手元はとても忙しそう。時折ふと陰りを見せることもあり、短いながらも変化に富んだ音楽が素敵でした。メヌエットでは、1対2になって呼応し合うのが、まるで男女2人がお互いの気持ちをさりげなく確かめ合っているようで素敵。中間部で少しシリアスになったのが印象的でした。そして最後は、明るく生き生きとした音楽が楽しい!演奏は3人が追いかけっこしたりメロディとベースに分業したりと、短い中でも目まぐるしく担当交代。それでも聴き手としては一気に駆け抜けているように感じられ、切れ目をまったく意識させないのはさすがです。こんなにハイクオリティな演奏を至近距離で聴けちゃうなんて、感激です!開演前のガヤガヤしたロビーにて、しばし俗世界のことを忘れて、3つのチェロの響きにうっとり聴き入った約10分間のショートトリップ。なんとも贅沢でした!心癒やされ満たされた私は、ここで帰っても悔いは無いと、聴き終えたばかりの時はそう思ったほど(※だめです)。


前半は、アイヴズ「交響曲第2番」。演奏機会が少ない作品で、プログラムによると、札響演奏歴は過去に1回(2000年1月21日、指揮:井上道義)。オケの編成は14型(コントラバスは7)の大所帯でした!木管は基本の2管編成に加えてピッコロとコントラファゴット金管はホルン4、トランペット2、トロンボーン3、チューバ。打楽器はティンパニ、大太鼓、小太鼓、トライアングルと、登場する楽器はオーソドックスなもの(と私は思いました)。5楽章構成のようですが、楽章間を繋げて演奏(アタッカ)したところ(1&2、4&5楽章それぞれの間?)があって、私は全体で3部構成のように感じました。以下レポートに書いた楽章の区切りは、間違いがあるかもしれません。お許しください。第1楽章 低弦から入り、ヴィオラ、ヴァイオリンが順に重なって作る弦の良さ!このスケールによる重厚な、やや深刻で美しい響きにぐっと引き込まれました。kitaraで聴く弦楽アンサンブル最高!ホルンを皮切りに、時折木管が重なってのニュアンスの変化が素敵。第2楽章 木管群が軽やかに歌い出し、金管群も顔を出して賑やかに。ただ、プログラムの解説にあったブラームス「大学祝典序曲」の感じは私には掴めなかったです(ごめんなさい!)。行進曲風のメロディが繰り返され、ノリノリなのが楽しい!木管群が温かに歌うところで、ヴィオラがベースを作っていたのが印象に残っています。また、この楽章だったと思うのですが、2ndヴァイオリントップから入り、それぞれの弦の2トップを中心とした室内楽的なところが一瞬あったような?私が気付いた瞬間に終わってしまい、味わう余裕はなかったのですが……。勘違いでしたらごめんなさい。勇ましい盛り上がりでの、パンチの効いたスネアドラムと大太鼓がカッコイイ!終盤はさらにパワフルになり、低音金管群のド迫力にガツンとやられました!第3楽章 ホルンから入った、木管群と弦が中心のゆったりとした優美な音楽が超素敵!少し切ない感じもあり、演奏が進むにつれ弦が力強く変化。幸せに歌う木管群と、包容力あるチェロソロがなんて美しいこと!温かでどこか懐かしくて心癒やされました。第4楽章 はじめ、孤高のホルンに続いて悲劇的な弦と木管。厳かで重厚な響きで、むしろここがブラームスっぽいと個人的には思いました。そして衝撃的だったのは、オケ全体のクレッシェンドでのティンパニ連打!ごく小さな音からダダダダ……と連打しながら次第に大音量になり浮かび上がってくるのがすごいことすごいこと!思わず私は「ワー!」と仰け反りました(※演奏中なので、叫んだのは心の中でだけです)。書いた作曲家以上に、これを実現できるプレイヤーがすごすぎます!第5楽章 明るくリズミカルな音楽が楽しい!アメリカの懐かしい民謡のメロディ(私でもわかる程の有名なメロディ)が登場し、それを各パートでリレーしていくのを楽しく追いかけました。行進曲風のところでは打楽器陣が生き生き!ここでも幸せな木管と包容力あるチェロソロが!ありがとうございます!ヴィオラパートがさりげなく寄り添ってくれたのがニクイ!クライマックスは、金管打楽器が勇ましく、全員参加でガンガン盛り上げるスタイルに。指揮の川瀬さんは指揮台の上を何度もジャンプ(靴底の赤が鮮やか!)。最後はすごい音を大音量で(!?)、あれ?ここで終わり?という感じでした。何でもアリな交響曲、超楽しかったです!演奏後、指揮の川瀬さんは、順にチェロ首席、チェロ副首席、ヴィオラ首席、2ndヴァイオリン首席、ホルントップに起立を促し、讃えました。

後半は、チャイコフスキー交響曲第4番」。プログラムによると、札響での前回の演奏は2021年8月31日(指揮:太田弦)のようです(ちなみに私も聴いています)。オケは前半と同じ14型。木管は基本の2管編成に加えてピッコロ。金管はホルン5、トランペット3、トロンボーン3、チューバ。打楽器はティンパニ、大太鼓、シンバル、トライアングルでした。第1楽章 冒頭のホルンとファゴットのパンチ力!続いた金管群のド迫力!この時、私は金管群の音の切れ味と洗練された響きに目が覚める思いでした。札響の金管、美しすぎる(何を今更、ですね……大変失礼しました)。全員一斉にジャン!と強奏するのがキレッキレで気持ちイイ!大迫力からの、クラリネットファゴットの二重奏のもの悲しさにハッとさせられました。このコントラスト、すごい!また、悲劇的な弦が素敵すぎました。今まで私は、チャイ4の賑やかな面にばかり気を取られていたようで、今回はシリアスな面の良さも知れたのがうれしかったです。まるでダンスをしながらくるっと裾を翻すかのような、木管群が繰り返すタララララ~♪が艶っぽい!このプライベートな感じから、盛り上がっていく流れでの弦がすごい!大人数だからこその音の厚みで、押し寄せてくるうねりに聴いている方のボルテージもぐーっと上がりました。金管打楽器が大活躍の、大都会を思わせる華やかさが気分爽快!楽章終盤で弦がずっと音を震わせながら(トリル?)悲劇的なメロディを歌っていたのが超カッコ良かったです!第2楽章 弦のピッチカートに乗って歌うオーボエの崇高な美しさ!メロディを引き継いだチェロの優美さに、私はふと「白鳥の湖」のオデットと王子を連想しました。孤高のファゴットの存在感!木管群が繰り返すタララララ~♪は、深淵のさらに奥深くから聞こえてくるよう。木管と弦が作る、哀しげで美しい音楽に聴き入りました。第3楽章 はじめ弦の皆様は弓を手放し(床に置いたり膝に乗せたり)、ピッチカートの構えに。来ましたピッチカート祭り!速いテンポで小粋に奏でられる音楽が楽しい!一辺倒ではなく、細かく強弱を変化させたり掛け合いがあったりと、リズミカルで小粋な音楽はずっと聴いていたい面白さでした。オーボエの第一声(鮮烈!)を皮切りに、木管群によるダンスのような音楽になり、こちらも楽しい!ピッコロが可憐!ここでもまた私はチャイコフスキーバレエ音楽を連想しました。ピッチカート祭り再び。木管との掛け合いが素敵!ただ聴いている方は楽しくても、弾く方は痛手を負う大変な演奏と拝察します。いつもありがとうございます!第4楽章 ジャーン!の出だしが強烈なインパクト!シンバルと大太鼓が存在感抜群!弦の高速演奏の気迫!おなじみの民謡のメロディ(私は「小さな白樺」のタイトルで記憶しています)を各パートでリレーするのに、前半のアイヴスを思い出しました。天井知らずなド迫力の盛り上がりが清々しい!民謡の牧歌的な雰囲気から、大都会の摩天楼まで縦横無尽。この勢いが快感でした。金管打楽器がパワフルな思いっきり華やかなところで、合間に入る休符がバシッと揃うのが気持ちイイ!超スピードで駆け抜けるラストは突き抜けたカッコ良さ!めちゃくちゃ気分があがりました!

客席からは大きなブラボーのかけ声が。演奏後、指揮の川瀬さんは、オーボエファゴットクラリネット、ピッコロ、フルート、とまずは木管の皆様。続けてホルン、トランペット、トロンボーン&チューバの金管の皆様。ティンパニ、打楽器陣の順に起立を促し讃えました。そして弦5部の各トップと握手。カーテンコールで何度も戻ってきてくださった指揮の川瀬さん。最後に小さく手を振るバイバイの仕草をして、客席に温かな笑いが起き、会はお開きとなりました。今年で札響正指揮者は3年目という川瀬さん、既にオケとも札幌市民とも相思相愛の関係ですね!これからも末永く、どうぞよろしくお願いいたします。


昨年度(2023年度)、川瀬賢太郎さん指揮×札響でチャイ5を聴いた公演はこちら。終楽章にシンバルが入るバージョンでした。「PMFホストシティ・オーケストラ演奏会」(2023/07/23)。アカデミー生との合同演奏に、存在感抜群な独奏と愛あるオケとの幸せな協演の協奏曲。そしてメインのチャイ5の素晴らしさ!正指揮者カワケンさんによる大熱演に心揺さぶられました。

nyaon-c-faf.hatenadiary.com

 

先月(2024年3月)、札響友情指揮者・広上淳一さん(川瀬さんの師匠!)指揮による札響の地方公演でチャイ5を聴きました。「札幌交響楽団 苫小牧公演2024」(2024/03/23)。オケは我らが札響、ソリストコンマス&首席の最強デュオによる、密で壮大で愛と情熱あふれるブラームスの二重協奏曲!想像をはるかに超える最高の出会いでした。また後半チャイ5は素直に聴けて胸打たれ、気分爽快になれました。

nyaon-c-faf.hatenadiary.com

 

先月(2024年3月)には、小編成・小ホールならではの良さが味わえた公演も。「札幌交響楽団 in ふきのとうホール Vol.5」(2024/03/30)。最初の企画から4年以上の年月を経て実現した演奏会は、小さな空間からどこまでも広がる小宇宙。悲劇から魂の浄化へ。アンコールも含めたプログラム全体で1つの物語のような流れは、聴く人すべてにとって救いとなりました。

nyaon-c-faf.hatenadiary.com

 

最後までおつきあい頂きありがとうございました。

札幌交響楽団 in ふきのとうホール Vol.5(2024/03) レポート

www.sso.or.jp

 

https://www.rokkatei.co.jp/wp-content/uploads/2024/01/240330.pdf

↑今回の演奏会チラシです。 ※pdfファイルです。


コロナ禍で何度も延期と中止を繰り返した企画が、今回ようやく実現しました。佐藤俊太郎さん指揮による、モーツァルト交響曲第40番とシェーンベルク浄夜」。私は早い段階でチケット入手し、当日を楽しみにしていました。また地元ファンの期待は大きく、当日は満員での開催だったようです。


札幌交響楽団 in ふきのとうホール Vol.5
2024年03月30(土)16:00~ ふきのとうホール

【指揮】
佐藤 俊太郎

管弦楽
札幌交響楽団コンサートマスター:会田 莉凡)

【曲目】
モーツァルト交響曲第40番 ト短調 K.550(第1稿)
シェーンベルク浄夜 op.4(弦楽合奏版)

(アンコール)
モーツァルト(佐藤 俊太郎 編):アヴェ・ヴェルム・コルプス


小さな空間からどこまでも広がる小宇宙。響きの良いホールにて、奏者お一人お一人の音が聴き取れる中、室内楽的な密なやりとりとオーケストラの壮大さを同時に味わえるなんて、とても贅沢!モーツァルト交響曲第40番については、大ホール・大編成とはまた違った、(作曲家が想定していた編成による)本来の姿の良さを知ることができました。ゴリゴリ力業で進むのではない、あくまで軽やかでしなやかなステップがなんとも良かったです。少数精鋭メンバーが思いを1つにして音楽を奏でるのは素敵!やはりふきのとうホールで聴く札響は最高です!

個人的には、何と言っても後半のシェーンベルクがすごく面白かったです!難解な印象の「シェーンベルク」というのと、元となった詩の内容に最初は共感できなかった事で、聴く前は自分が受け止められるかどうか少し不安だった私。いざ実演に触れると、ドハマリしてしまったのは嬉しすぎる誤算でした!まず、この小さな会場で、各パート内での分業が多い細やかな作りの音楽をじっくり味わえたのが良かったです。さらにそこから、表面的な語り口からはわからない隠された本心や単純には割り切れない感情の機微があると感じられ、演奏を通じて人間の奥深さを意識するように。夫婦間のやりとりというプライベートな状況が題材でも、どこまでも奥行きと広がりがある!今回の演奏に出会えてよかった!そしてアンコールがとても気が利いていました。悲劇から魂の浄化へ。アンコールも含めたプログラム全体で1つの物語のような流れは、聴く人すべてにとって救いとなったはず。最初の企画から4年以上の年月を経て、今回演奏会を実現くださったこと。なにより素晴らしい演奏を聴かせてくださったことに感謝です。


開演前に指揮の佐藤俊太郎さんによるプレトークがありました。まず、今回の企画は当初2020年3月の公演予定だったものが2回延期され、4年後の今回実現したことに触れ、「他では聞いたことがない、粘り強い企画力」と、多方面への感謝の気持ちを表明。舞台には22個のイス。少ない?否「これでいい」と、「ドン・ジョバンニの初演はこの編成だった」事を紹介くださり、今回は当時のスタイルで演奏すると仰いました。今回の演目について、モーツァルト交響曲第40番は「ト短調で始まりト短調で終わる悲劇」。シェーンベルク浄夜」は「始めは悲劇」で、元となった詩の内容(夫とは違う人の子を宿した妻の告白から、夫がその子を夫婦2人の子として育てて行こうと決めるまでのお話)を紹介くださいました。なお、当初の企画とは前半と後半を入れ替えて、今回シェーンベルクの方を後に持ってきたそうです。「今日の流れはまるでこの4年を表しているよう」「(「浄夜」で月の光が魂を浄化してくれるように)コンサートの後にきれいな月が出るといいな」と仰って、「それでは開演です」でトークは締めくくられました。待ちに待った企画、いよいよです!


前半は、モーツァルト交響曲第40番 ト短調 K.550」(第1稿)。第1稿はクラリネットなしで、管はホルン2、オーボエ2、ファゴット2、フルート1。弦は4-4-4-2-1の編成でした。第1楽章 弦楽合奏でそっと入った冒頭の美しさ!早速心掴まれました。木管群が呼応し合ったり弦が胸騒ぎのようにザワザワしたりと、それらすべてが奏者お一人お一人の音がわかる形で聴けるのがうれしい!しかし親密さのみならず、クレッシェンドで盛り上がってからのダイナミックさや、奥行き広がりを感じさせるホルンの存在感で、この少人数でも壮大な交響曲の響きを味わうことができました。また基本深刻な中で、ふと光が差すような明るいところの輝かしさが個人的には特に印象深かったです。第2楽章 ゆったりと振り子時計のようなテンポでの穏やかな音楽が心地よかったです。繰り返し登場した明るくスキップするような音が親しみやすく、足並み揃えて力強く音をのばすところでハッとさせられたりも。第3楽章 前の楽章から一転、力強い舞曲が色気があって超素敵!トリオでの木管群の柔らかさ美しさ!また、力強い低音が一瞬沈黙して、1つしかないフルートが寂しげにメロディを歌うところがとても印象的でした。第4楽章 さらに速くなり、強弱やリズムを変化させながら、前のめりに展開する音楽にゾクゾク。シャープな弦のカッコ良さ!時折低弦がリードするところがあったのが印象に残っています。またこの悲劇的な流れの中で、木管群が朗らかに歌うところにほっとさせられ心温まりました。力強い締めくくりまで、迷いなく駆け抜けた演奏が清々しい!音楽自体は悲劇でも、明快でクリアな演奏!私は胸がすく思いでした。素材そのものの良さを堪能できたのは、曲を生み出した作曲家と、札響の少数精鋭メンバーによる演奏のおかげです。ありがとうございます!

後半は、シェーンベルク浄夜 op.4」(弦楽合奏版)。単一楽章の曲のようです。弦のメンバーは前半と同じで、ヴィオラの席替え(前列にいた青木さんと後列にいた鈴木さんが前後交代)がありました。冒頭、ごく小さな音から入ったチェロ&ヴィオラ(いずれも第2奏者)の重低音にゾクッとしました。続くチェロ&ヴィオラ(いずれも第1奏者)のメロディが重々しい。掴みから思いっきり暗い感じに、私は思わず「怖い」と身構えました。全員合奏になってからも各パート内で分業があり、複雑に絡み合う響きは暗澹たる思いを表しているよう。強弱の波がおどろおどろしく、ガガガ……と不穏なざわつき(トレモロ?)のインパクト!悲鳴のようなヴァイオリンの後の、バン!と全員一緒のピッチカートの一打にビクッとしました。そこからは厳しい一辺倒ではなく、心境の変化やゆらぎも感じられるように。ヴィオラのソロとコンマスソロは少し落ち着いた夫婦の会話でしょうか?再び厳しい感情の波が来てからの、ヴィオラ(2プルト目)の連続ピッチカートは激しい鼓動のよう。強い感情の波があっても、ヴィオラソロやチェロソロに少し優しさが垣間見えるようになったと個人的には感じました。そして沈黙の力!ここで月の光が差したのでしょうか?沈黙の後に続いた中低弦の包容力!澄んだ空気のような合奏の上で、コンマスソロとチェロソロが語らうのが美しくて素敵すぎて!ただ「お花畑」なおめでたさではなく、大きな感情のうねりが合奏に現れているように感じました。終盤で2ndヴァイオリンとヴィオラが弓を上下させながら音の波を作っていたのが印象的で、精神性の高まりを感じました。合奏のうねうねした音の上で、コンマスソロが超高音でフェードアウトしたラストがきれい!なんてドラマチックな音楽!言葉で単純化などとてもできない、音楽が語る人間の奥深さ!私は引き込まれのめり込みました。すごいものを聴かせて頂きました。ありがとうございます!

アンコールは、モーツァルト(佐藤 俊太郎 編)「アヴェ・ヴェルム・コルプス」。ゆったり穏やかで、澄み切った音楽が何とも美しく、心洗われました。終盤でのコンマスによるビブラートは今この時を慈しむよう!モーツァルトの悲劇から始まり、魂を浄化したシェーンベルクを経て、最後の最後にこの曲を持ってくる演出がニクイです!終演後、外は夕暮れ時であいにく月は見えませんでしたが、冷たく澄んだ空気が心地よかったです。素晴らしい演奏に触れ、私の心も洗われました。ありがとうございます!札響ふきのとうホール公演、末永く続きますように。


この日の1週間前の聴いた札響の公演です。「札幌交響楽団 苫小牧公演2024」(2024/03/23)。オケは我らが札響、ソリストコンマス&首席の最強デュオによる、密で壮大で愛と情熱あふれるブラームスの二重協奏曲!想像をはるかに超える最高の出会いでした。また後半チャイ5は素直に聴けて胸打たれ、気分爽快になれました。

nyaon-c-faf.hatenadiary.com

 

昨年度の札響ふきのとうホール公演です。「札幌交響楽団 in ふきのとうホール Vol.4」(2023/02/14)。バーメルトさんと札響によるハイドン交響曲の朝昼晩。独奏たっぷりで各パートの見せ場も多く、物語のような展開もある、小編成ならではの魅力満載!親密で心温まる演奏会でした。

nyaon-c-faf.hatenadiary.com

 

最後までおつきあい頂きありがとうございました。

第21回 楽興の時 青木晃一×石田敏明 ~ロベルトとクララ、そしてヨハネスの愛~(2024/03) レポート

Studio26のシリーズ「楽興の時」。第21回となる今回は、札響副首席ヴィオラ奏者の青木晃一さんとピアニストの石田敏明さんのデュオによる、シューマン夫妻とブラームスを取り上げる演奏会です。しかもブラームスソナタはレクチャー付き!絶対に聴きたい!と、私は企画発表当初から楽しみにしていました。ちなみに私が聴いたのは、同一内容での昼・夜2回公演のうち、昼の第1公演です。


第21回 楽興の時 青木晃一×石田敏明 ~ロベルトとクララ、そしてヨハネスの愛~ (第1公演)
2024年03月24日(日)14:00~ Studio26

【演奏】
青木 晃一(ヴィオラ) ※札幌交響楽団副首席ヴィオラ奏者
石田 敏明(ピアノ)

【曲目】
ロベルト・シューマン:まどろみの歌 op.124-16
ロベルト・シューマン:ヘ長のロマンス op.28-2
クララ・シューマン:3つのロマンス op.22
ロベルト・シューマン:3つのロマンス op.94

ヨハネス・ブラームス:永遠の愛 op.43-1
ヨハネス・ブラームス:ピアノとクラリネット(もしくはヴィオラ)のためのソナタ 第2番 op.120-2

(アンコール)
ロベルト・シューマン:夕べの歌
ロベルト・シューマントロイメライ


小さな空間で心温まる時間。まるでシューマン家の居間で音楽とお話を楽しんでいるような、幸せなひとときを過ごすことができました。聴き手の心が温まり癒やされるのは、演奏する青木さんと石田さんのお2人に作品への深い「愛」があるからこそですよね!青木さんがトークの中で「作曲家によって色々な愛の形がある」といった事を仰っていましたが、それぞれの「愛」を私達聴き手に届けてくださるのは、やはり作品と真摯に向き合い表現する音楽家です。今回取り上げられた作品たちは、編曲にしても置き換えにしても本来ヴィオラとは別の楽器を想定して書かれたもので、ブラームスソナタに至っては作曲家自身の編曲が「微妙」(!)。そんなスタートラインから、まるで最初からその形であったかのように自然な、聴き手の心にすっと染み入る演奏で私たちに「愛」を届けてくださいました。もちろん解説で紹介頂いた事柄はほんの一部であり、見えない部分での無数の積み重ねがあってこその結果と拝察します。いつも本当にありがとうございます!

今回の注目は、レクチャー付きのブラームスソナタop.120-2。私は前回お2人の演奏で拝聴した時(2023/11/26)、あまりにも自然で通常のヴィオラ版との違いに気付けなかったのですが(ごめんなさい!)、今回いくつか具体例を紹介くださった事でようやく(ほんの一部を)理解しました。手の内を明かすなんて「特別」な事をあえてやってくださり、恐縮です。また個人的には、ヴィオラ版が「微妙」な仕上がりだということに、完璧主義のブラームスでもこんなことがあるんだ!と少しほっとしたりも。なお今回の解説では触れられませんでしたが、ブラームスソナタop.120のヴィオラ版に納得していなかったからか、後日ピアノパートにも大きく手を入れた上でヴァイオリン向けの編曲をしています。今回のレクチャー付きの演奏を聴いて、私はそのヴァイオリン版にも興味が沸きました。(楽器の音域的に出せない)低い音を一体どのように表現しているの?とか、高音域はさらに華やかになっているの?とか、とても気になります!演奏機会が極めて少ないというヴァイオリン版、聴ける機会があれば聴いてみたいです。


出演者のお2人が会場へ。拍手で迎えられ、すぐに演奏開始です。1曲目は、ロベルト・シューマン「まどろみの歌 op.124-16」。穏やかなピアノに乗って、まるく揺らぐ音色で歌うヴィオラの優しさが心に染み入り、初めて聴くのにとても懐かしい感じがしました。重音が素敵すぎ!中盤シリアスになるところの、ヴィオラの少し影のある音色と胸の鼓動のようなピアノのリズムが印象的でした。演奏後の解説によると、元々はピアノ曲(!)なのだそう。「歌のようですよね」との青木さんの言葉に、会場はうんうんとうなづいていました。

ロベルト・シューマン「ヘ長のロマンス op.28-2」。こちらも元々はピアノ曲だそうです。原曲は「嬰ヘ長調」だったのが、編曲で「ヘ長調」に(ピアノの実演付きで解説がありました)。今回の編曲版は、石田さんによると「ヴィオラが美味しいところを持って行く(!)」。それを受けて青木さんは「それはライオネル・ターティスの編曲によるものなので」と静かに反論(笑)。ヴィオラがはじめ低い音でしっとり歌い、続いて高音で美しく歌ったのは、男女の会話のよう。感極まったところの力強さ。ふくよかな重音が優しく美しい!表情が次々と変化し、まるで短編映画を見ているような気持ちになりました。ちなみに編曲者の紹介があったのはこの作品のみでしたが、もしかすると1曲目の「まどろみの歌 op.124-16」と、この後に登場するブラームスの歌曲「永遠の愛 op.43-1」も、ライオネル・ターティスの編曲だったのでは?と個人的には感じました。華やかなところと影のあるところのメリハリやビブラートの効かせ方が「らしい」ような?とはいえヴィオラ向けの編曲者、他はプリムローズしか私は思い浮かばないのですが(恥)。

クララ・シューマン「3つのロマンス op.22」。ヴァイオリンのための作品を、今回はヴィオラによる演奏で。ロベルト・シューマンの9歳年下の妻であるクララ・シューマンは、ピアニストとして有名で、数は少ないながら作曲もしたそう。ピアニストの「暗譜による演奏」は、クララやリストが始めたことで、現代ではスタンダードになってしまったとか(石田さんは「なんてことを!」と仰っていました・笑)。かつてドイツの100マルク紙幣の肖像に採用されていて(石田さんがドイツで学ばれていた時は通貨がユーロになる前だったそうです)、ドイツではとても有名な人物、といった紹介がありました。第1曲 大きな愛で包むピアノと滑らかに美しく歌うヴィオラが素敵!一瞬深刻さを垣間見せたヴィオラの重音が印象的でした。第2曲 深刻さと明るさを行ったり来たりするのは夫のロベルトのカラーに近い?と感じました。ヴィオラが音を震わせたのが印象的で、ピアノとヴィオラのテンポ良い掛け合いが良かったです。締めくくりの控えめなピッチカートが愛らしい!第3曲 ブラームスの雰囲気があって、個人的に好きな曲です。厚みあるピアノは大樹のよう。伸びやかに歌うヴィオラは幸せそう。ヴァイオリンよりも落ち着いた「大人の愛」を感じました。ピアノが主役になった時、ヴィオラが伴奏にスイッチするのが自然で、泉が湧き出るように流麗な演奏が素晴らしい!静かな締めくくりの余韻も良かったです。しみじみ素敵な演奏でした!

ロベルト・シューマン「3つのロマンス op.94」オーボエのための作品でも、クラリネット等の管楽器や弦楽器での演奏も広く行われているそうです。しかしヴィオラでの演奏機会は少ないとか。「(ヴィオラでの演奏は)大人っぽい。オリジナルと聴き比べるのも面白いのでは?」と青木さん。第1曲 寂しげな響きにぐっと来て、高音のはかなさも低音の深さもヴィオラの音色ならではの良さを感じました。第2曲 優しく美しくもどこか切なく、中盤のシリアスなところのぐっと低い音に惹きつけられました。本心はシリアスな部分にあるのかも?第3曲 個人的にこちらが一番印象深かったです。深刻なところとスキップするようなところが交互に来て、それらが地続きだと感じられたのが大収穫!スキップといっても脳天気な感じではなく、哀しみをぐっと堪えた上で口角を上げるような。そんなニュアンスがヴィオラの音色にあったと思いました。個人的に今までピンとこなかったこの曲が、ようやくしっくり来た気がします。ありがとうございます!

ヨハネス・ブラームス「永遠の愛 op.43-1」。若い頃にロベルト・シューマンに才能を見出されたブラームスについては、シューマン夫妻との密な交流があったことや、歌曲をたくさん書いたこと等が紹介されました。今回取り上げる歌曲の歌詞(内容は男女カップルの会話です)について、青木さんが大掴みな解説をしてくださったのですが、それが面白すぎて私は笑いを堪えるのに一苦労。的確だけど、なんて大胆なまとめ方(笑)。演奏は、重々しいピアノと深刻なヴィオラから始まり、感情が高ぶるところではヴィオラの叫び声のような高音とピアノのダイナミックさがインパクト大!明るい未来を信じるラストは、ヴィオラの希望に満ちた輝かしさとピアノの明るさ力強さ(鋼の意志!)が清々しい!シーンの移り変わりがはっきりとわかる、ドラマチックな演奏にとても引き込まれました。愛を信じられる力は強い!

ヨハネス・ブラームス「ピアノとクラリネット(もしくはヴィオラ)のためのソナタ 第2番 op.120-2」ブラームスクラリネット奏者(ミュールフェルト)のために書いた作品。ただブラームスは作曲と並行してヴィオラ向けの編曲をしており、クラリネット版とヴィオラ版は同時に出版されたそうです。青木さんによると、当時ヴィオラの名手がいなかったこともあって、ブラームスによるヴィオラ向け編曲は(ヴィオラが弾きやすいよう、必要以上に音を低くしている等)「微妙」。クラリネット版とヴィオラ版の違いについて、「特別ですよ」と、実演付きでのレクチャーをしてくださいました。ありがとうございます!違いは多岐にわたるものの、この日は大きく2つ例をあげての解説。まず、「ヴィオラ向けに音を低くしたために微妙になってしまった」ところとして、第1楽章15小節を取り上げて実演くださいました。はじめにクラリネット版を高音で明るく歌い、続けてヴィオラ版を落ち着いた低音で歌い、両者の違いは一目瞭然。クラリネット版は力強く跳ねるようなピアノも相まってとても華やか!しかし、ヴィオラ版の低音も柔らかさ温かさがあって心にすっと入ってくる良さ。ヴィオラ版も絶対に素敵ですよ!「低い音だと楽譜に書かれたamabile(アマービレ)=愛らしい、にはならない」と青木さん。一方「ヴィオラ向け編曲の方が良い」ところもあり、第2楽章109小節を取り上げての実演に。クラリネット版では、メロディが低い音になっていく過程でヴィオラからピアノにメロディが移りました(スイッチが滑らかで自然!さすがです!)。「ピアノが美味しいところを持っていく(!)」のには理由があって、ここまで低い音はクラリネットには出せないからだそう。しかしヴィオラなら出せる(!)ため、メロディはずっとヴィオラが担当できるそうです。ヴィオラ版の実演では、ぐっと深い低音と贅沢な重音の魅力が盛り盛りで、ここはヴィオラ版の方に軍配が上がると私は感じました。こういった点を踏まえ、青木さんと石田さんは「クラリネット版をメインに、重音奏法等のヴィオラ版の良いところは取り入れる」スタイルでブラームスソナタを演奏するとのことです。こんなに手の内を明かしてくださって、いいのでしょうか……!?大変興味深い解説を聴き、聴き手の期待が一層高まったところで、いよいよ演奏開始です。第1楽章 そっと入った冒頭部分の心地良さ!聴き手にぱっと「愛らしさ」が伝わる掴みから素晴らしい!解説で触れられた高音部分の華やかさ!ここはヴィオラもピアノもまっすく力強く弾いたのが清々しかったです。また穏やかなところでは、優しく大きな愛で包むピアノと愛らしいヴィオラとの細やかなやりとりが自然体で心地よく、私は陽だまりで静かに語らう老夫婦(夫婦ではないけど、クララとブラームスかも?)をイメージ。そして、ピアノのターンでのヴィオラが丁寧に音を紡ぐところでは、流れが途切れず気持ちがずっと続いていると感じました。もしかすると、クラリネット版では息継ぎの都合で休符になっている部分も休みなく繋げて演奏していたかも?(勘違いでしたらごめんなさい)。締めくくりの優しさ心地良さ!第2楽章 前の楽章から一転、ここでの掴みはシリアスな感じで、瞬時に空気を変えたのはさすがです。思いっきり来るピアノの激情の素晴らしさ!ヴィオラは内に秘めた情熱を隠しきれない感じで、運命の荒波を思わせるピアノに乗って思いを吐露するように歌うのがとてもドラマチック!互いに高め合う、このデュオならではの良さを感じました。解説で紹介されたコラール風のところでは、はじめの厳かなピアノにドキドキし、満を持してヴィオラの登場。高音域と低音域それぞれの味わいがあり、人の体温を感じる祈りが心に染み入りました。やっぱり重音が良すぎます!そして楽章の締めくくりに向かう流れがとても良かったです。ヴィオラもピアノも少しずつ音量を下げていき、緩やかに眠りにつくような流れに引き込まれました。ラストのピアノの低音の一打は、控えめなのにインパクト大!第3楽章 いくつもの変奏が続くこの楽章はとても楽しくて、青木さんと石田さんの息の合ったやりとりをずっと聴いていたいほどでした。はじめの方は穏やかな流れで、変奏によって変化していくリズムの違いを楽しみ、心地よい響きにうっとり聴き入りました。ヴィオラとピアノが交互にメロディを受け渡すのが滑らかでエレガント!終盤に登場する力強くドラマチックなところの盛り上がりから、フィナーレへの流れの良さ!華やかなシーンをつなぐ中間の部分での確かな足取りから、ブラームスってこんな人(すべてに意味のあるつながりを持たせる人)なんだと私は再確認しました。明るく輝かしい締めくくりが最高!ブラームスが最後に残してくれたソナタ。それをより完成度の高さを追求した再アレンジと演奏で聴けて幸せです!改めてありがとうございます!

カーテンコール、ごあいさつに続いてアンコールへ。ロベルト・シューマン「夕べの歌」。石田さんの解説によると、元々はピアノ連弾曲で、初心者である子供が(比較的弾きやすい)メロディを弾き、年長者(年上の子だったり親だったり先生だったり)が伴奏を弾く形式なのだそう。「ヴィオラは初心者パートを弾くんですね」と青木さんがボソッと仰って、会場が和みました。青木さん、面白いです(笑)。ゆったりとしたピアノに乗って歌うヴィオラは、しっとり美しく大人っぽい印象。夕暮れ時に、寂しさよりもしみじみと今この時を慈しんでいるような、そんな温かさを感じました。この曲もまるで歌曲のよう!と、個人的には思ったりも。

青木さんが耳を澄ます仕草をして、熱い拍手に応える形でアンコール2曲目へ(ありがとうございます!)。最後はおなじみの作品を取り上げてくださいました。ロベルト・シューマントロイメライ。ゆっくりたっぷり、優しい歌がとっても素敵!「クララ~♪」のところでふと響きがまるくなるのが印象深く、温かな愛を感じました。休憩なしで演奏とお話をたっぷり約90分の公演!しかし楽しい時間はあっという間で、叶うならずっとここにいたいと思ったほどでした。青木さん、石田さん、夜の公演も控えているにもかかわらず、演奏もトークも盛り盛りで愛あふれる演奏会をありがとうございました!またお目にかかれる機会を楽しみにしています。


青木晃一×石田敏明デュオの演奏会。こちらもメインプログラムはブラームスソナタ第2番でした。「青木晃一&石田敏明 ビオラ&ピアノ デュオコンサート」(2023/11/26)。野幌までプチ遠征。メインのブラームスに加え、小品をアンコール含め10曲と盛りだくさん!魅力あふれる演奏で、耳慣れたブラームスソナタが一層愛しくなりました。

nyaon-c-faf.hatenadiary.com

 

Studio26で開催され、ヴィオラの青木晃一さんが出演された演奏会です。「シリーズ イギリス音楽 Vol.1 ヴィオラとピアノで奏でるイギリス音楽の花束」(2023/12/28)。レベッカ・クラークのソナタをはじめ、親しみやすい個性と独奏楽器としてのヴィオラの魅力をたっぷり堪能。オンリーワンの魅力にたくさん出会えた、心温まる演奏会でした。トークも楽しかったです。

nyaon-c-faf.hatenadiary.com


最後までおつきあい頂きありがとうございました。

札幌交響楽団 苫小牧公演2024(2024/03) レポート

www.sso.or.jp


札幌交響楽団 苫小牧公演2024。しばらくお休みしていた私のコンサート通いは、地元オケの地方公演から再開です。大注目はブラームスの二重協奏曲!オケは我らが札響、ソリストコンマス&首席の最強デュオ!行くに決まっています!七飯にも蘭越にも名古屋にも遠征した私にとって、苫小牧はご近所です。当日はJRで移動し、会場に入ると全席自由席の前の方に陣取って、ドキドキワクワクしながら開演を待ちました。

 

札幌交響楽団 苫小牧公演2024
2024年03月23日(土)14:00~ 苫小牧市民会館

【指揮】
広上 淳一(札響友情指揮者)

【独奏】
会田 莉凡(ヴァイオリン) ※札響コンサートマスター
石川 祐支(チェロ)    ※札響首席チェロ奏者

管弦楽
札幌交響楽団コンサートマスター:田島 高宏)

【曲目】
ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲
チャイコフスキー交響曲第5番

(アンコール)グリーグ:過ぎにし春


ブラームスの二重協奏曲。個人的に愛してやまない作品の1つに最高の形で出会うことができました!ブラームス「らしい」骨太の管弦楽をベースにした上で、こちらもブラームス「らしい」内に秘めた感情の室内楽的なやりとり。一見相反する2つの要素が両立する、奇跡的な演奏!しかし、おそらくブラームスってそんな人(矛盾するものをいくつも抱えた人)なんですよね。深刻さがベースにあっても感情には波があり、また単純に割り切れない感情の機微もある。様々な思惑を抱えながらも、最後は力強く希望へ向かう。それらがすべて1つの流れとしてぐいぐい迫り来て、その勢いに身を任せるのは快感でした。脈打つ音楽の息づかいと鼓動から、ブラームス自身の体温が伝わってくるよう!「これこそブラームス!」と、ブラームス推しの私はとてもうれしかったです。ありがとうございます!もちろんこの布陣ですから、間違いないとは信じていました。それでも自分の事前予想をはるかに超えた演奏を前に、自分の認識はまだまだ甘かったなと痛感。もう、絶対に敵いません!最高にうれしい!いつの頃からか「ブラームスの二重協奏曲を、会田さんと石川さんがソリスト&オケは札響で聴きたい」と夢見ていた私。その望みが思いの外早くに叶ってしまいましたが、「これで終わり」ではなく、「ここからまた始まる!」と、今の私の気持ちは前を向いています。これからも必ず別のステージで、私達の想像をはるかに超える新たな夢を何度でも見せてください!演目はブラームスに限らず、オケでも室内楽でも。

また後半チャイ5は素直に聴けて胸打たれ、気分爽快になれました。たとえチャイ5のフィナーレが繊細な人の「カラ元気」であっても、少々塞いでいた今の私にとっては大変共感できるもので、むしろありがたかったです。この日私は、生演奏から数ヶ月離れていたのがウソみたいに、札響の響きに自然となじみ思いっきり楽しむことができました。その懐の深さに感謝です。帰れる場所があるって幸せ!これからも末長くお世話になります!


前半は、ブラームス「ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲」。オケの編成は8型でしょうか?演奏前にソリストのお2人は、マエストロ広上、田島コンマス、そしてお互いに握手し合いました。会田さんは鮮やかな赤のドレス!指揮の広上さん、おヒゲお似合いです♪第1楽章 オケのパワフルな序奏に続いた、独奏チェロの重低音の鳴り!ああ何度聴いてもすごい!底知れぬエネルギーで、運命の重たい歯車をぐーっと回すような、じっくりたっぷりのチェロに身も心も全部持って行かれました。ギターをかき鳴らすようなピッチカートの凄み!木管に続いて、独奏ヴァイオリンが登場。はじめの柔らかな美音にうっとりしたのも束の間、独奏チェロと呼応し始めると切れ味抜群のシャープな音に。2つの独奏の絡み合って異なる個性が一心同体となり、加速し力強く音階を駆け上る気迫!一気に運命が回り出すこの瞬間に痺れる!オケのターンでは、こちらも高音弦と低弦ががっちり絡むスタイルでその重なりゾクゾクさせられ、ティンパニの力強さ、金管の壮大さ、トリルが華やかな木管の存在感!と、ブラームス流の骨太な管弦楽に、私は最初からどっぷりハマりました。独奏2つはこれ以上無いほどの一体感!ぴたっと寄り添い歩みを進める独奏2つの、高音も低音もビリビリ来る!後から楽譜を見ると、ここは鏡映しだとか交互にリレー形式になっているとかの確認はできるのですが、目の前で繰り広げられた演奏はあまりにも自然で、重なりや繋ぎ目がある事を聴き手にまるで意識させないほどでした。その上で独奏ヴァイオリンが感情を高ぶらせたり、独奏チェロが丸みのある音色で優しさを垣間見せたりと、ふと現れる感情のゆらぎがたまらなく素敵!この真剣勝負の中、ソリストのお2人は常にアイコンタクトをしながらお互いの呼吸を確認しつつ、笑顔を見せる余裕まで!演奏を心から楽しんでいらっしゃる様子が伝わってきました。また独奏2つと気持ちを共有するオケの仕事ぶりが素晴らしい!壮大で力強いところも、少し穏やかになるところも、様々な感情が違和感なく一続きになっていて、とても説得力があると感じました。独奏を支える、ピッチカートや弦を細かく擦る演奏はまさに音楽自体の鼓動のよう!また細かい部分では、余韻を残したクラリネットの温かみや、独奏2つをヴィオラがリードしたところが印象的でした。終盤、一呼吸置いてからの二重奏キター!この風格この貫禄に震える!合流したオケの重厚さが超男前!第1楽章が終わったところで客席の一部から拍手が起きました。今すぐに感激を伝えたい、わかります!第2楽章 前の楽章の厳しさから一転、落ち着いた音色でゆったり歌う独奏2つがすごく素敵!唯一無二の音をお持ちのソリストお2人が、今回もまた素晴らしい音で私たちを魅了してくださいました。オケの優しく温かな管に澄んだ弦は、空と大地の広がりのよう。高音での独奏2つの語らいがなんて美しい!また個人的には、比較的チェロの見せ場が多いこの曲において、こと今回の第2楽章に関して言えばヴァイオリンのターンだったと感じました。ヴァイオリンのこの上なく美しい高音を、優美なチェロが寄り添い支える。これは愛ですね!独奏チェロが(演出として)ためらう感じの演奏の時に、オケの弦のピッチカートが良いタイミングで入るのがツボ。オケのピッチカートは、後半の盛り上がりでは明るい未来を予感させる響きになったのが素敵でした。独奏2つが一緒に幸せいっぱいに歌い、オケの管の余韻が温かなラストの多幸感!そしてここで独奏チェロがじっくり調弦をしてから、第3楽章へ。舞曲風の独奏チェロの艶っぽさ!並走するオケも同じ鼓動を共有して、このリズムにドキドキ。独奏2つが一緒に力一杯駆け抜け、パワフルなオケへつながる流れが超カッコいい!2つの重音の重なりがキレッキレ!丁々発止のやりとりの気迫!堂々と歌う独奏チェロの貫禄!オケの中低弦とホルンが重なったことで、独奏チェロは一層輝きが増していたと感じました。全体合奏の壮大なところもあれば、弦楽合奏室内楽的なところ、さらに親密な二重奏と、シーンが次々と変化。それらすべてが一つのつながりで、かつどのシーンも素晴らしくて、札響のお力を再確認。改めて、札響の皆様すごいです!楽章のはじめの方で独奏チェロが歌ったメロディを、終盤に独奏ヴァイオリンとのデュオで歌ったのには胸が熱くなりました。クライマックスでの、独奏ヴァイオリンと独奏チェロが交互に主役になり支あうのがすごく素敵!ソリストお2人の信頼関係、ヨアヒムとブラームスのそれ以上かも!ティンパニに導かれ、オケの堂々たる強奏の締めくくりが輝かしい!演奏後、ソリストのお2人がハグ。客席は拍手喝采!なんて密で壮大で愛と情熱あふれる、ブラームスの二重協奏曲!この場にいられた私達は幸せです。最高の演奏をありがとうございました!

後半は、チャイコフスキー交響曲第5番。ちなみに私は、広上さん指揮&札響によるチャイ5を以前hitaru定期(2021/2/25)で聴いています。初めて聴いたその時にとても感激したので、今回同じ布陣で再び聴けることを楽しみにしていました。オケは前半よりも菅も弦も増員され、12型(10型?)に。第1楽章 じっくりゆっくりの冒頭、中低弦の重々しさとクラリネットの暗い「運命の動機」にゾクっとしました。一歩一歩進むような弦のリズム、木管群が次第にコロコロ歌い始めたのにドキドキ。運命が回り出した?そこからガツンと盛り上がったのには圧倒されましたが、この日のこの時に限って言えばまだ私の気持ちが追いつけなかったです(ごめんなさい!)。しかし強弱の波がハッキリしていて明快な演奏が気持ちいい!澄んだ弦楽合奏やピッチカートからの幸せな流れ、ホルンと弦が囁くように会話するところ等、美しい響きを穏やかな気持ちで聴くことができました。ファゴットティンパニ、低弦で静かに沈み行くラストに、ふと悲愴のラストを思い出したり。第2楽章 中低弦による厳かな出だしが鳥肌もの!ホルンの温かな響きがなんて素敵なこと!ホルンと各木管が呼応し合うところの優しさ、チェロがメロディを歌う良さ、そして感極まっての弦の美しさには胸打たれました。もう大好き!金管がパワフルな、第4楽章の先取りのような勇ましい盛り上がりがすごい!私の気持ちはようやく追いつき、盛り上がりに乗れたのがうれしかったです。静かな締めくくりは温かな感じで、厳しさ寂しさを乗り越えての温かさに心癒されました。第3楽章 美メロと軽やかなリズムが素敵なワルツ、楽しく聴けました。木管群が歌うところでの弦ピッチカートの合いの手が気持ち良く、次々と各パートにメロディが受け渡される駆け足のところでは、それぞれのパートの仕事ぶり(皆様完璧!)を追いかけました。クラリネットファゴットによる「運命の動機」がここではコミカルな感じで楽しかったです。第4楽章 低音が効いた冒頭部分がぐっと来ます。細かく強弱を変化させるのが感情の揺らぎのよう。トランペットに私は夜明けをイメージしました。駆け抜ける音楽の勢いとリズム感が気持ちよく、ティンパニが鼓舞し金管が全力で来る盛り上がりは大迫力!そして大感激!クライマックスの明るく前進する音楽には、繊細な人の芯の強さを強く認識。華やかなトランペットが祝福してくれているようでした。繊細な感情を内に秘めた上での力強さ!思い切った快演に、清々しい気持ちになれました!札響のチャイ5、大好きです!何度でも聴きたい!

カーテンコールで何度も戻ってきてくださった指揮の広上さんは、順に奏者の皆様に起立を促して讃えた後、マイクを持ってごあいさつとトーク。「『さよならマエストロ』も終わって、コンサートに足を運ぶ日が戻ってきました」という掴みから入り、「お楽しみ頂けましたか?」との問いかけに会場には大きな拍手が起きました。「私達の仲間」である素晴らしい2人のソリストのこと、札響は世界レベルのオケに育ってきていること、今回の会場は古いながらも音響に優れたホールであること、といった話題が登場。「TBSの回し者ではないけど」と前置きした上で、ドラマの台詞「音楽は人を救う」を引用し、お正月に震災の被害を受けた能登半島のお話に。広上さんがアーティスティック・リーダーをされているアンサンブル金沢についても触れ、被災地への支援をお願いします、というお話でトーク終了となりました。

曲目は告げられずにアンコールへ。私はロビーでアンコールボードを見つけられませんでしたが(ごめんなさい!)、演目はおそらくグリーグの「過ぎにし春」だったと思います。弦のみでの演奏でした。澄んだ音色による少し哀しくも優しい音楽が心に染み入ります。ああ私はやっぱり札響の弦が好き!個人的には、「過ぎにし」というよりは、「これから来る」春を感じました。まさに春の息吹が聴こえてくるようで、雪解けのこの時期にぴったり!大熱演の後に、心温まり心洗われる素敵なアンコールまでありがとうございました!

終演後はロビーにて能登半島地震・被災地支援の呼びかけがありました。もちろん私も募金(余談ですが、私は一万円札を崩しに一度会場を出てから戻り、心ばかりの金額を撤収作業中の会場スタッフのかたに手渡しました。一万円札を出してしまうと札幌へ帰る電車賃が無かったので・恥)。私は今回残念ながら奏者の皆様とお話しできませんでしたが、またの機会にぜひお願いいたします。きっと札幌でも同じ布陣でブラームスのドッペルコンチェルトの再演を!CD化も熱望!お待ちしています!


昨年末(2023年12月)には、今回のソリストのお2人が参加する弦楽四重奏団の旗揚げ公演を聴きました。「リッカ弦楽四重奏団 結成記念コンサート」(2023/12/13)。札幌にスケール桁違いのカルテットが爆誕!熱量高く核心を突く演奏による、ハイドンショスタコーヴィチブラームス。ハートに火がついた音楽家たちの本気を目の当たりにした、最高にアツイ夜でした!

nyaon-c-faf.hatenadiary.com

 

名古屋遠征してブラームスのドッペルコンチェルトを聴いた公演はこちら。「セントラル愛知交響楽団 第196回定期演奏会~春・声~」(2023/05/13)。ディーリアスの美しさに誘われた、愛あふれる春のブラームス。魅力的な独奏とオケによる二重協奏曲に打ちのめされる快感!ブラ1の「苦悩から歓喜へ」の素晴らしさ!しらかわホール定期のラストイヤー初回公演に居合わせて幸せでした。

nyaon-c-faf.hatenadiary.com

 

最後までおつきあい頂きありがとうございました。

近況報告など

弊ブログをお読みくださっている皆様、ご無沙汰していました。ずっと無言で放置していて申し訳ありません。昨年末の宣言に反し、ブログ更新しないままあっという間に約3ヶ月が過ぎてしまいました。私の方は気も心も忙しない日々を送っていますが、なんとか元気にやっています。

書きたいネタはいくつもあったのですが、結局その気になれなくて、今日に至ります。この3ヶ月は、未来の自分のためにチケット取りはしていたものの、それ以外ではクラシック音楽からすっかり離れた生活をしていました。何も無理に我慢していたわけではなく、家庭その他のことで気持ちが精一杯な生活が続いて、気がついたら月日が経過していた感じです。あんなに好きだったのに……と自分でも驚くほど、今はちょっとクラシック音楽への熱が冷めている状態。しかし、おそらくコンサート通いを再開したら少しずつ調子は取り戻せるのではないかと考えています。ただ初めから以前と同じ全力投球はできません(ごめんなさい)。今後コンサート通いは少しずつ復帰しますが、当面ブログはできる範囲での更新といたします。またX(旧Twitter)は、気持ちを立て直すまでは(期限は決めずに)引き続き休眠を続けます。ご了承くださいませ。

私事ですが、おかげさまで上の子の進学先が無事に決まり、今は入学と引越しの準備でバタバタしています。ここ数ヶ月は上の子中心の生活だったので、4月頭に上の子を送り出した後に「空の巣症候群」になりそうでコワイです(苦笑)。そうならないためにも、以前と同じように自分だけの時間・趣味を楽しめるように気持ちを切り替えていきたいと思います。できる範囲で少しずつ。

それでは皆様引き続きよろしくお願いします。